ビワの収穫

ビワは秋になると白い花を咲かせます。小さい実で冬を越し
6月頃に実が熟し収穫の時期になります。

この時期は甘いフルーツが出まわらないので貴重な果実です。
またビワは病害虫もすくないので、育てるのにほとんど手が
かかりません。

手がかかるとするとカラスに狙われないように袋掛けをして
周りに糸を張り巡らす位でしょうか。

イボ竹を四方に4本立てて糸を上、中、下と張り、てっぺんに
✖印に張ります。これだけでカラスとか他の鳥は寄り付きません。
ここはもともと有明海の干拓地で、海抜2~3mの平坦地なので、
サルとか鹿が住む森ははるか遠くに見えるだけです。
もちろんイノシシなんかもいません。
20240525_135855.jpg

袋を掛けてない実が黄色く色づいいます。
まず最初に袋がをかけていない実を収穫します。
20240525_140232.jpg
袋を開けてみます。
20240525_140422.jpg

見事に黄色く色づいています。今年は実のなった数が少ないので
1粒1粒が大きく実ってます。

20240525_140249.jpg

ビワは追熟(収穫してからもどんどん熟していくこと)がないので
木の上で甘熟してから収穫します。
しかも収穫してすぐが一番美味しいので、食べる分だけ収穫します。

しばらくはビワを楽しめそうです。



この記事へのコメント