栗の花には雄花と雌花があるんです。

栗の花は「梅雨(つゆ)」に入る頃から咲き始めることから、 「栗花」で「つゆいり」の読みになり、 「梅雨(つゆ)」の 中頃に ”落花”します。 雄花はブラシのようにふさふさとしたクリーム色をした花で、 雌花は枝の根元部分に咲き、小さな緑色でとげとげしている のが特徴です。 一般的に栗の花と呼ばれているのは雄花です。 さて農場…

続きを読むread more

玉ねぎの収穫

玉ねぎの葉が枯れかけて玉も見た目で肥大したので 梅雨前の良い天気が続いているうちに収穫します。 今年は雨が多く、圃場が雨で浸かる回数がおおく、玉 ねぎで一番怖い病気のべと病が出てしまいました。 パッと見、よくわかりませんが葉の根元がじゅくじゅく と腐れているのがあります。これがべと病の初期でこれが 進みやがて球が腐れ…

続きを読むread more

桃の袋掛け

桃の実がピンポン玉位の大きさになったら袋掛けをします。 袋掛けは害虫による食害よけと雨などによる病気への感染 よけなどの目的とします。 販売している農家の人が実に1つ1つ袋を掛ける作業は大変な 労力が伴います。 私の農場は桃は1本ですが、それでも袋掛けは時間がかかり ます。 4月28日の桃の木 5月16日の桃の木。葉…

続きを読むread more